| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄分とは?

鉄分とはどういう成分か、基礎をふまえてみましょう。

赤血球というものを聞いたことがあると思います。この赤血球の中にはヘモグロビンという成分が含まれており、これは酸素を運ぶという大切な役割を果たしています。

この酸素の供給役であるヘモグロビンが少なくなると、全身に酸素を送るために身体は心臓を早く動かして血流を増やすか、いつもより激しく呼吸してより多くの酸素を吸入するかしなくてはなりません。この症状を、前者が動悸、後者が息切れと呼びます。このヘモグロビンが足りないために起きる症状を貧血とよぶのです。

ヘモグロビンが足りなくなる原因はいろいろですが、一番多い原因がヘモグロビンの原料である“鉄分”の不足で、これを鉄欠乏性貧血とよびます。貧血全体の7割がこの鉄欠乏性貧血であるといわれています。身体にとって鉄分は大切なので、鉄分に余裕があるときは肝臓などに鉄分を溜め込んでいます。しかし鉄分が充分でなくなるとこうした臓器から少しずつ排出していきます。この状態を鉄欠乏性貧血の予備軍とよびます。やがて、鉄分の残りがゼロになってしまうと原料のなくなった身体はヘモグロビンを生産できなくなってしまうので貧血を起こしてしまう、ということです。


鉄欠乏性貧血になると、ちょっと動いただけで動悸や息切れ、めまいや立ちくらみなどの症状が起きてきます。慢性的な体のだるさや集中力の低下、スタミナ不足を引き起こすこともあります。


気をつけなければなりませんね(^^;)

スポンサーサイト

スポンサードリンク

カスタム検索

スポンサードリンク

リンク

視力回復方法は費用がかかる!?(永久保存版)

  • 健康+癒し=美容  ~むぎわら帽子~
  • 結婚記念日のプレゼントランキングなんて、当てにならん!
  • 肉体改造の方法はココから!
  • 通信空手道場
  • イタリア・フランス・ドイツはやっぱり一人旅で!!
  • きつくない・楽なダイエットで効果的なものはないの!?
  • 管理者ページ

  • | ホーム |
    キャッシング ATM
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。